田舎に帰って行ったときに落ち着いたのはやはり大きな和室。畳が行われたその空間がとても好きで香りも本当に心を落ち着かせるには。小さい頃から務めてきた畳の香りを自分の家にも置くことに非常にリラックスしている。日本の家は今、洋室がとても増えてきていますが、畳の香りを引き受けて育った人には欠かせないのだ。
私は畳の上で昼寝が好きです。特に夏には畳の上で寝てすっきりよく眠れています。子どもの香りが私の睡眠を促してくれるでしょう。床に憧れていた時期もあるが、やはりジョラミョン30歳以降に考えるようになりました。今のマンションも6畳畳の部屋を寝室にしています。夏は涼しく、冬は暖かいので寝室に最適です。